日常サイト音楽思索エレファントカシマシ屋久島一人旅未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.18 Thu
・エレファントカシマシ『新しい季節へキミと』.

 正規音源が発売されるまでは,
 youtubeのPVをiPodに落とし込んで聞くのがもはや通例となっている.
 聞けば聞くほど好きになる,非常に良い曲である.
 現在再生回数60回ぐらい.
 この季節に外を歩きながら聞くと,非常に良い感じである.


・映画『ジャージの二人』と『20世紀少年』を見る.
 前者の元は小説,後者の元はマンガだけれど,
 どちらも原作に忠実であった.
 
 『ジャージの二人』
 相変わらず,堺雅人さんの「基本ほほえんでいる」演技が好きなのである.
 梅田ガーデンシネマという,小さな映画館での上映であった.
 特筆すべきは,映画の内容どうこうと言うより,その小さな映画館で
 友達とその彼女さんと出会ってしまった僕の挙動不審ぶりである.
 1対2では勝ち目はないのである.
 
 『20世紀少年』
 配役が原作のまますぎてスゴイ.
 どんなに馬鹿で格好悪くて勝ち目もなくても,
 悪に立ち向かうヒーローはやはり格好いい.
 原作はハナシが長くなり過ぎて,
 途中から何がなんだかよくわからなくなってしまったので,
 三部作でキレイにまとめてくれることを期待する.
 時間ができれば,原作をもう一度イチから読み直してみたい.
 
 
・最近,森見登美彦の小説を少しずつ読み始めている.
 とりあえず『太陽の塔』を読んで,現在『四畳半神話大系』を途中まで.
 どちらも冴えない,いや冴えないというワケではなくて,
 何かが間違っている京大生の話であり,おもしろい.
 文体も非常に僕好みである.
 
 ちなみに僕は,こういう文章を書くとき,非常に文体を気にするタチである.
 いつも改行の位置と,一人称を『俺』にするか『僕』にするかで頭を悩ませているのである.
 
 
・高世えり子さんの『理系クン』というマンガを読む.
 文系の作者が,とても理系な男の子と出会い,結婚するまでを描いた,
 文系女子による理系男子の観察日記である.
 なぜか大学生協の本屋に平積みされていた.
 「理系男子よ,絶望するな」という,大学生協からのメッセージなのか.
 
 中で描かれている『理系クン』は情報系の理系クンであり,
 奇しくも僕と同じである.
 なるほど,客観的に見て,僕は7割ぐらいこの理系クンと同じであると思う.
 違うのは,この理系クンほど研究に対して一途ではないということと,
 この理系クンほど好きな女性に対する努力をしていないということである.
 
 僕自身としては,自分のことは実に中途半端な理系,
 理系:文系=5:5ぐらいのつもりでいるのですが,
 他人の目にはどう写っているのだろう?
 
 
・他人が見た自分について,もう一つ.

 一度合コンなんぞに行ってみたことがあるのだけれど,
 そのときに一度会ったきりの女の子が,
 実は僕の研究室の友達の友達であったことが後でわかり(世間は狭い),
 そのルートで『初対面の女性から見たヒダカヒトシ像』という,
 実に興味深い情報が伝わってきた.
 その内容は以下の通りである↓
 
 「○○○○○○?に就職決まってて,
  研究ばっかりしてそうやのに人見知りでもなくて,
  バイク持ってるのにすごくインドアっぽくて,
  自分のことを『拙者』て言ってて,
  自分の世界でずっと喋ってた人」
  
 なるほど,概ね合っている気はする.
 しかし,僕は自分のことを『拙者』とは言っていない.
 
スポンサーサイト
2008.09.08 Mon
屋久島三日目は半分ぐらい書いたところです.
早いとこそっちをケリつけたいところなんですが,
今週のジャンプを読んでいろいろ思ったことがあったので,
優先してメモしておくのである.


・ここのところ驚異的に面白くなっていた『ワンピース』.
 ここでまさかの"麦わらの一味『完全崩壊』".
 どうなるんだ,これから.
 ますます目が離せないではないか.

 しかし,ルフィがここまで打ちのめされたのって,初めて見たかもしれないなあ…
 ルフィが涙を流すのはいつだって仲間のことがあるときだけど,
 今回のルフィの涙は,見ていて本当にツラかった.


・『バクマン』.漢(おとこ)の浪(ろ)マン.
 確信犯過ぎて笑います,ガモウひろし先生.
 (※↑確信犯の誤用例.正しい使い方はコチラ


・ 『To LOVEる』.
 今週の春菜は何か異常にかわいかったです.以上.


・『ダブルアーツ』が終わってしまった.
 何となく打ち切りの気配は感じていたけれど,非常に,非常に,残念.
 "トロイ"と"フレア"と"ガゼル",結局それらが何だったのか,
 それらが一切解明されないままに終わってしまった…

 結構好きなマンガでした.
 少なくとも,僕の中では,『ぬらりひょん』とか『バリハケン』とかより,ずっと.
 ともすれば,『Dグレ』とか最近の『BLEACH』とか『リボーン』よりも.
 絵柄も親しみやすいし,
 『常に手をつないでなきゃいけない』ていう設定もおもしろいと思ったし…

 確かに強烈な求心力みたいものはなかったかもしれないけれど,
 それでも何と言うか,ずっと載っていてほしかったというか,
 なんか載ってるとほっとするというか何と言うか.
 そういうマンガでした.

 キリのポーカーフェイスは,見事でした.

 『ライジングインパクト』みたいなまさかの復活とかないかなあ…
 さすがにムリかあ…
2008.08.18 Mon
・今更ながら『バットマン ビギンズ』を観る.
 よし,これで『ダークナイト』を観に行く準備は整った.

 こういうヒーローものはハナシがわかりやすいので観るのがラクで好きである.
 そもそも仮面ライダー好きな僕が,スパイダーマンとかバットマンとか,
 そういう孤高のヒーローものを嫌いなワケがない.そもそもこっちが本家なワケだし.
 (『仮面ライダー』の第1話の敵が『蜘蛛男』で,第2話の敵が『蝙蝠男』なのは,
  つまりはそういう意気込みだった,というハナシを聞いたことがあるような).


・TSUTAYAでドカっとアルバムを借りてくる.
 YMCK2枚,BEAT CRUSADERS2枚,小沢健二2枚.

 で,今,小沢健二を聞いてるんだけど,
 何かものすごい懐かしさに襲われてしまった.
 小学生ぐらいのときの懐かしさ.頭がしっかり覚えてんだなあ.
 自分で初めて買ったアルバムはウルフルズなんだけど,
 買わずとも好きになったのは小沢健二が最初だったのかもしれない.

 や,幼稚園のときに光GENJIの『パラダイス銀河』『ガラスの十代』とか
 好きでしたけど,それはまた別問題というか,黒歴史.

2008.08.13 Wed
・ジムにおいてあるハイテク機械でカラダの精密測定をしてみる.
 ちなみに前回測定したのは一年三ヶ月前.
 なんかいろいろデータ出てきたけど,よくわからないものが多いので,
 わかりやすそうなヤツだけ比較してみる.

 体重:63.9kg → 63.2kg
 筋肉量:51.7kg → 52.7kg
 体脂肪量:9.2kg → 7.5kg
 体脂肪率:14.4% → 11.9%

 一年三ヶ月,週1~2回のペースで通ってこんな感じ.
 確実に何か成果は出てるけど,劇的な変化ではない,気がする.
 こんだけかけてこんだけなのだから,タレントさんとか俳優さんとかは,
 それはもう,日々モノすごい努力をしておられるのだろうなあと,
 改めて感心する.


・兄貴と『仮面ライダーキバ』の映画を見に行った(←毎年の恒例行事)
 その帰り道,電車の中で兄貴と映画の内容についてハナシをしていたら,
 知らない若干怪しいカンジ(?)の人が近づいてきた.
 「どうしよう,痛い会話を耳にした痛い人を呼び寄せてしまったかしら」
 と思っていたら,いきなり兄貴に「おひさしぶりです,○○です」と
 挨拶してくださった.

 知らない人ではなくて,あまりに変わり過ぎていて,
 俺も兄貴も気が付かなかった.俺と兄貴の母校,
 サッカー部での兄貴の2つ後輩でかつ,俺の1つ先輩であった人だった.
 今は『ゆうき純一』という名義で芸術家として活動しているとのこと.

 HP:「芸術と言う名の自己探求」
 http://yuukijunnichi.web.fc2.com/

 そして,ゆうきさんの同期のサッカー部の方々が3人,
 結婚するということを聞いた.多いな.めでたい.
 でも1つ上の先輩が結婚とか聞くと何か「わわわわわ」と思う.
 来年あたり俺の同期の誰かあたり結婚するのかしら.
 うーん,なんか想像できないな.

2008.08.09 Sat
・休日ということで,映画を観に行ってきた.
 年に二本観るか観ないかの僕が,一日に二本も見てしまった.
 そしてその合間に必要な買い物まで済ませてしまった.
 どんどん一人遊びが上手くなってきました.


・一本目,『スカイ・クロラ』.

 森博嗣さんの原作本シリーズの第一巻(『スカイ・クロラ』)を全部,
 第二巻(『ナ・バ・テア』)を半分まで読むという,実に中途半端な準備をして鑑賞.
 淡々と物語が進んでいくカンジは,原作本を読んでいるときに感じる雰囲気そのもの.
 物語最後の,ユーイチの台詞と戦闘シーンが一番印象に残りました.


・二本目,『たみおのしあわせ』.

 オダギリジョーと麻生久美子出演,監督・脚本が『時効警察』の方ということで,観てみた.
 普段僕があまり映画というものを見慣れていないせいか,終わった直後は「???」だった.
 というか,今でもよくわからない.
 『観客にいろいろ想像させるのが良い映画』なら,
 想像力に乏しい僕は,残念ながら『良い映画』を理解することができない.

 なので,映画鑑賞に全くのど素人な僕の率直な感想は,
 「全体として何かがおかしい,ずれている」.
 リアルな夢を観ているような感じであった.
 ここでいう『リアルな夢』というは,「現実世界を模した夢」ではなく,
 「実に夢らしい夢」という意味である.
 寝ているときに見る夢は,現実とよく似ているけれども,少し変なところがあって,
 さらに変なことに,夢の中の自分はその『変なところ』を当たり前のように思っている.
 その夢の中の『変なところ』を現実に引っ張り出して見せられてるような,
 そんな感じがしました.
 よくわからない感想ですね.


・映画が終わってさあ帰ろうとしたら,いたるところで人が溢れかえっていた.
 そういえば,今日は淀川花火大会という,どデカイ花火大会がある日だった.
 基本的に,そういうどデカイ花火に興味はない.
 どちらかというと,仲間内でやる小さい花火の方が好きである.

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。