日常サイト音楽思索エレファントカシマシ屋久島一人旅未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.16 Wed
本当に優しい人間は、ヒトを傷つける術(すべ)を知っているヒトだと思う。

自分が何を言い、どう振る舞えば相手に致命傷を与えられるか。
それを知っているからこそ、その術を使うことをしない。

その術を知らない人間は、ときとして笑顔で致命傷を相手に負わせる。
そして、ヒトを傷つけたことを自覚していない。
これが最もタチが悪いと思う。
そのヒトの心がいかに綺麗であろうが、関係ない。
傷つけられた人間にとっては、そのヒトは恐怖と憎悪の対象でしかないのだ。

もちろん、傷つける術を理解し、そのうえでヒトを傷つけるヒトもいる。
そんな人間の方が圧倒的に多い。

優しい人間と、優しくない人間。
きっと紙一重だ。
優しいとされる人間の、心の強さにかかっている。
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。