日常サイト音楽思索エレファントカシマシ屋久島一人旅未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.28 Sat
意図的に書くのを避けていたけど、
一回正面から向き合っといた方がいいのかなと、思ったので。


今よりほんの少し前、インターネットで情報を得ることが当たり前になったころ。
当たり前のハナシだけれど、ネット上では情報が溢れかえっていた。
特に専門的な知識(htmlとか)も知らなかった一般人は、
ただそれを利用することしかできなかった。
書き込み程度はできたかもしれないが、
溢れる情報に対して、基本的には受け身でいることしかできなかった。


今は少し、状況が違う。


ブログの普及により、一般人でも簡単に情報を発信することができるようになった。
「受け身」一辺倒じゃない、言ってみれば「攻め手」になれるようになったのだ。
だから俺は、こうして情報を発信している。

自分の考えを。
自分の考えではなくとも、賛同できる意見に対して同意を示すことを。

ただし、自分の発信した情報がいつも、
自分の意図したとおりに相手に伝わるとは限らない。
情報を発信する人はみな、そのことを少なからず意識しておいた方がいい。
それが例えブログの些細な日記みたいなものであったとしても。

自分がみんなを楽しませようとして発信した情報が、
誰かを傷つけてしまうこともある。
最悪、情報の意図が第三者に改竄されて伝わることもある。

例えば俺がこの文章を収めているカテゴリー、『思索』。
ここに入ってる文章なんか、伝え方次第で
受け手の解釈なんてどうにでも変えられる。
俺を悪人にすることもできるだろうし、善人にすることもできるだろう。

もちろん、そんなことを考え出したら情報の発信なんでできない。
それでも俺は情報を発信する。
それが、一方的に流れてくる情報に対抗するための一つの手段だから。

溢れる情報の中で、何が正しくて、何が間違っているのか。
自分で必死で考えて、そして自分の考えを発信する。
その考えに責任をもって、自分の言葉で。

そうやって自分を鍛えておかないと、自分がなくなってしまう気がするから。

スポンサーサイト
2006.01.25 Wed
どうも俺は、自分が苦しい、しんどい状況になると、
それを周りにアピールするクセがあるらしい。


こんなふうに。


「俺はこんなに苦しい状況だけど、それでもがんばってるんだよ」
って、周りにアピールしたいんですかね。


小せえなあ。カッコ悪いったらありゃしない。


本当は、どんなに苦しい状況でも、それを周りに見せず、
余裕があるように見せて、いつでも笑っていられるような。


そんな大人になりたいって、ずっと思ってるんスけどね。


なかなかどうして、難しいんだ、これが。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。